社員紹介プランナー D.T

ガンホーは、
「そこまでやるか」を
平気で繰り返す。

プランナー D.T

想像を絶する熱さ。
温度感の違いに戸惑った入社当時。

前職ではモバイルゲームアプリやWEBサイト関連の制作など幅広く事業に携わり、最終的には組織立ち上げの他、新規事業のプロデューサーとして事業全体を統括していました。充実した日々だったのですが、そんな折に突如スマホゲームの時代が到来。ゲーマー心に火をつけられ、より専門的にゲームづくりを行えるガンホーへ転職しました。
ガンホーを選んだのは、好きなゲームが多かったからですね。ラグナロクオンライン、パズドラ、ケリ姫スイーツ…。なぜかガンホー作品がツボにハマる。これは何かあるな、と調べたらガンホーが一線を画した存在だという事に気付きました。それは、ゲームづくりへのパッション。僕が入社した2013年当時はスマホゲームの開発ブームだったので似たような作品がたくさん発表されていたのですが、そんな中ガンホーはオリジナリティを追求していた。そのゲーム愛に感銘を受け、入社を決意しました。
しかし、開発現場の温度感たるや想像以上でしたね。入社直後は驚きの連続でした。企画提案した内容に「理屈はわかる。でもそれをしたらこのゲームじゃなくなる」「その0.2秒の通信がストレスになる」などと言った言葉をいただきました。嬉しい反面、ガツンと打ちのめされましたね。正直、前職では理屈先行型の開発スタンスでしたので、僕の中の常識が覆ったような心地でした。数字で言えば、「理屈:パッション」が「9:1」から「3:7」くらいに変わるような激変ぶりです(笑)。

チームにプラスのスパイラルを
生み出していく快感。

現在担当しているのは『サモンズボード』。運営責任者としてチームの活動設計、各実施内容の確認、全体のスケジュール管理などを行っています。立ち上げ当初から携わっていて、ブロデューサーのポリシーや実現したいビジョン、いわばサモンズボード哲学といったものを、実際の開発・運営活動として実現していく役割を担っています。こういった哲学はガンホー作品の全てに宿っています。実際、それを作る・動かす人たちの意識も高い。だから僕はあえて裏方で支える人になろうと決めているのです。彼等をサポートする存在としてマネジメントに心血を注いでいます。入社当時から感じたガンホー社員の凄さ。「そこまでやるか?」と感じることを平気でやりますからね。そんな彼等を活かすためのマネジメントこそ、自分の領域だと確信しています。今ではそのマネジメントが上手くいき、物事がプラスの方向へスパイラルしている瞬間が一番楽しいです。サモンズボードだけではなく、事業全体がより良い方向へ動きだし、関わる人すべてがどんどんハッピーになっていく感じ。そんな一体感を生み出せるのは快感以外の何物でもないですね。

PROFILE

前職では、WEBクリエイターとして、様々な開発業務に従事。その後、ゲームづくりに特化するためガンホーへ入社。現在は『サモンズボード』の運営責任者として、企画・運営に従事している。